山中現展 2015.9.9〜9.19

-黄色の帽子-

山中現作品

子どもの頃に読んでいた絵本や雑誌を読み返してみると、自分がこれまで描いていた色や形のいくつかが、これらの本の中に見え隠れしているとふと思うことがある。
かつて見たはずなのに忘れていたものが今描いている絵の中にかたちを変えて甦っているのだ。

それ以来、自分にとって何かを描くということは、何かを思い出すということにとても近いのではないか、と感じるようになった。
(山中現)

1999年から2014年までに制作された木版画を中心に約20点を展示予定です。
年代ごとに少しずつ違う作品のようすを感じ、楽しんでいただければと思います。

山中現展1 山中現展2 山中現展3 山中現展4

○○○○

山中現(やまなか げん)プロフィール
  • <略歴>
  • 1954年 福島県喜多方市生まれ
  • 1980年 東京芸術大学大学院美術研究科版画専攻修了
  • 1981年〜86年 東京芸術大学版画研究室助手/美術教育研究室助手
  • 1991年〜現在 日本美術家連盟会員
  • <主な展覧会>
  • 1984年 西武美術館版画大賞展・日版商買い上げ賞
  • 1985年 和歌山県立美術館 「第1回和歌山版画ビエンナーレ」
  • 1986年 練馬区立美術館 「現代版画の表現と技法展」
  • 1986年 「第9回ブラッドフォード国際版画ビエンナーレ」(イギリス)
  • 1987年 渋谷区立松濤美術館 「現代の版画」
  • 1987年 福島県立美術館 「現代東北美術の状況展・U」
  • 1989年 福岡市美術館 「第3回アジア美術展」 版画ワークショップ
  • 1991年 「第19回リュブリアナ国際版画ビエンナーレ」(ユーゴスラビア)
  • 1992年 練馬区立美術館 「木版画−明治末〜現代−」
  • 1995年 宮城県・石巻文化センター 「現代の木版画」
  • 1996年 福島県立美術館 「福島の新世代」
  • 1999年 山梨県立美術館 「ぶどうの国 国際版画ビエンナーレ」
  • 2001年 出身地の喜多方市美術館にて 「山中現木版画展」
  • 2002年 「木版画の美術展」(エジンバラ)、「日本の木版画展」(ベルファスト)
  • 2002年 「日本の現代版画展」(イスラエル) 各地でグループ展参加
  • 他  個展、グループ展多数
  • <作品収蔵>
  • 東京芸術大学資料館、大英博物館、大阪府立現代美術センター、福岡市美術館、クリーブランド美術館など
  • ▲ページのトップへ