白磁 酒井崇全展 2014.8.27〜9.6

『祭』

酒井崇全作品

ギャラリーf分の1で2年ぶりの個展です。
今回のテーマは「祭」。

一切彩色を施さず、柔らかい曲線と、陰影によっていろいろな表情を見せてくれる白磁の作品を日々制作しています。
全て磁土による、鋳込み成型で制作されたシキメン(磁器面)から宴の器まで、約50点の作品でギャラリーを真っ白な空間に演出します。

酒井展写真1 酒井展写真2 酒井展写真3 酒井展写真4

○○○○

酒井崇全(さかい たかまさ)プロフィール
  • 1977年 愛知県生まれ/陶磁器作家
  • 東北芸術工科大学大学院(會田雄亮研究室)修了
  • 財団法人 本間美術館 学芸員を経て、2003年愛知県刈谷市に陶磁器デザイン・制作『たかたか!工房』開設。
  • 主に、石膏型による磁土の鋳込み作品を手がける。
  • 2000〜'10年には『SOブラザーズ』を結成し、器から駅舎の大時計まで手がけた。
  • 東京ドームテーブルウェアフェスティバル 優良賞・陶芸財団展 陶芸財団奨励賞
  • 日本クラフト展 招待審査員賞
  • 韓国世界陶磁器ビエンナーレ 入選
  • Taipei World Design Expo 出品 他
  • 日本クラフトデザイン協会・クラフトデザイナー中部 会員
  • <作家ホームページ> http://www.sobrothers.com/

▲ページのトップへ