小林実写真展 2014.1.7〜1.12

空想・空感U

小林実作品

空をテーマにした写真展です。
虹や蜃気楼でつぼ型に変形した太陽、朝焼けや夕焼け、想像力をかきたてる雲などを撮影しました。

さらに今回は、デジタル赤外線写真やハイダイナミックレンジなどのデジタル技術を使用した写真も展示いたします。

空の輝く一瞬をご覧ください。

<デジタル赤外線写真>‐見えない光で空を撮る‐
以前はフイルムカメラで赤外線フイルムを使用して撮影した赤外線写真を、改造デジタルカメラで撮影し、画像処理をした作品。

<HDRハイダイナミックレンジ>‐見た印象のように再現する‐
カメラの再現域は狭く、明暗差が大きい被写体では、白とびや黒つぶれなどがおこり、人の目で見た印象と違った写真になります。
見た印象に近づけるように画像処理しました。

小林実展1 小林実展2 小林実展3 小林実展4

○○○○

小林 実(こばやし みのる)プロフィール

▲ページのトップへ