奥村浩之展 2013.7.23〜8.4

開かれた扉

奥村浩之作品

メキシコにわたって24年目。
コツコツ、メキシコ産の大理石を彫って制作活動を続けてきました。
今回は日本での初の個展となります。
彫刻を通して、メキシコの光と空気を感じてもらえたら嬉しいです。

幅190cm×高さ115cm×奥行40cmの大きな作品の他、20〜40cm程の比較的小さめな作品まで約10点の展示です。

奥村浩之写真1 奥村浩之写真2 奥村浩之写真3 奥村浩之写真4

○○○○

奥村浩之(おくむらひろゆき)プロフィール
  • 1963年 石川県に生まれる
  • 1986年 金沢美術工芸大学美術学部彫刻科卒業
  • 1988年 金沢美術工芸大学大学院修士課程修了
  • 1989年 メキシコに渡る
  • 1991年より、個展、グループ展等で作品を発表
  • <主な個展>
  • 1999〜2003、06、08年 キン画廊(メキシコシティ、メキシコ)
  • 1999、2002年 日本文化センター(パリ、フランス)
  • 2003、08、13年 ハワード・スコット画廊(ニューヨーク、アメリカ)
  • <コレクション>
  • 金沢美術工芸大学(石川県)
  • ベラクルス州立彫刻公園(ハラパ、メキシコ)
  • 日本文化センター(パリ、フランス)
  • 金沢21世紀美術館(石川県)
  • ホテル・ガレリアプラザ(ベラクルス、メキシコ)
  • ベラクルス自立大学 音楽堂(ハラバ、メキシコ)
  • ラ・カサ・デ・ベラクルス(ハラパ、メキシコ)

▲ページのトップへ