市野裕子展 2010.5.19〜5.29

‐そのむこう‐

市野裕子作品

限られた平面での制作でなぜか意識されるのは、4番目の次元とされる<時間>のこと…。
はるかな無にちかい一点から、空間と時間と物質が同時に出現したという途方もなさ。
そして不思議な分かちがたさ。

わたしの仕事そのものは、思索やコンセプトなどからは、かけ離れた、むしろ泥遊びにちかい感覚的な手仕事であり、絵の具をつけては掻き取るという行為の繰り返しです。
表層であったものが、たちまち下の層に閉じ込められ、剥ぎ取られてまた露出するといった行為のなかで、物質に時間の属性を取り込み、その詩性を抽出できればと願っています。

アクリル、コラージュ、砂、ニス、漆喰などによる小品から大作を含め、20点ほどを展示いたします。

市野裕子展写真1 市野裕子展写真2 市野裕子展写真3 市野裕子展写真4

○○○○

市野裕子(いちのひろこ)プロフィール
  • 1960年 愛知県生まれ
  • 1997年より 国展4回入選
  • <個展>
  • 2001、02年 北村画廊(蕨市)
  • 2003、06、07年 ギャラリーパステル(越谷市)
  • 2005、09年 K's Gallery(銀座)
  • 2006年 quench(さいたま市)
  • 2007年 梟画廊(千葉市)
  • 2007年 セッションハウスガーデン(神楽坂)
  • <二人展・三人展>
  • 2002、04、08年 ぎゃらりーパステル(越谷市)
  • 2003年 ギャラリー絵夢(新宿)
  • 2004年 すどう美術館(銀座)
  • 2006年 セッションハウスガーデン(神楽坂)
  • <グループ展>
  • 2003年 中和ギャラリー/アジアの鼓動(銀座)
  • 2004、05年 K's Gallery/Allumage<Les jeune>(銀座)
  • 2004年 紀伊国屋画廊/夏の盛りの美術展(新宿)
  • 2006年 ギャラリー52/はるのみなと展(飯田橋)
  • 2007、08、09年 ポルトリブレ(新宿)
  • 他 多数

▲ページのトップへ