林保明写真展 2010.5.11〜5.16

『東欧・2009年夏』 -ドイツ・チェコ・ポーランドの旅-

林保明作品

ヘルシンキ経由で14年ぶりにワルシャワに着いた。
フレデリック・ショパン空港に降り立った瞬間、明るい日差しに一瞬目がくらんだ。

バスで街の中心に出る。
前回はバス乗り場に着く前に、白タクにつかまってしまったが、今回はキオスクで一日乗車券を買い、市バスで無事にホテルまで行くことが出来た。

街はきれいに整備され、中央駅周辺には高層ビルが立ち並んでいる。
でも一人旅ではじめて来た時の、あの期待と不安の入り混じった、新鮮な感動は無かった。

「旅慣れたと言うべきか・・・、もしかすると旅にすれてしまって居るのかも知れない。」ふと、そう思った。

街を歩いてみる。
人の表情も、街の雰囲気も明るくおおらかに見える。
「時が人を変えるのか・・・?、人が時を変えるのか・・・?」、そんな事を他人事のように考えた。

2009年夏・東欧

「街が変わったのか、自分自身が変わったのか・・・?」
アウシュビッツもテレジンも無い、怠惰な夏が過ぎて行った。

四切〜半切、カラー・モノクロ30点ほど展示します。

林保明展1 林保明展2 林保明展3 林保明展4

○○○○

林 保明(はやし やすあき)プロフィール
  • 1976年 九州芸術工科大学 (現九州大学芸術工学部) 音響設計学科卒業
  • 1996年 慶應義塾外国語学校 朝鮮語学科卒業
  • 1999年 ギャラリーf分の1で個展 『海峡を渡って見ないか!』
  • 以降、ギャラリーf分の1で二人展1回と個展8回開催
  • <作家ホームページ> http://homepage2.nifty.com/500miles/

▲ページのトップへ