小池勇太 展 2010.4.7〜4.11

〜花を描いた 魚を描いた 色がいっぱい〜

小池勇太作品

養護学校にかよっていた中学3年生の時に、当時の担任だった美術の先生から、1日1枚のはがき絵を描くようにと勧められたのが絵との出会いです。
その後は、身近にある野菜やいただいた花束、旅行に行って出会った生き物など、さまざまなものをはがきや色紙に描くようになりました。
直感で選んだかのように迷いなく色と色を混ぜ合わせ、自分の色を作り出していきます。
たくさんの色を使いながらもぶつかり合うことはなく、潔い絵がたくさん出来あがっていきます。

ギャラリーf分の1での2度目の個展となる今回は、水彩の作品約20点を展示いたします。

小池勇太展写真1 小池勇太展写真2 小池勇太展写真3 小池勇太展写真4

○○○○

小池勇太(こいけゆうた)プロフィール
  • 1986年 東京生まれ  所沢市在住

▲ページのトップへ