山中現 展 2008.11.26〜12.6

 

山中現作品

作品を作る上での一貫したテーマは“光と影”。
‘水’や‘雲’など形がなくとらえどころのないものにカタチをつけ、そのまわりの“空間”を大切にして作られた作品です。
余計なものを排除した素朴な色や形からは、少年の頃に刻まれた思いと何か不思議な力が感じとられ、見るものに安らぎを与えてくれます。
2001年から2006年に制作された木版画および銅版画の作品23点を展示いたします。

山中現展1 山中現展2 山中現展3 山中現展4

○○○○

山中現(やまなか げん)プロフィール
  • <略歴>
  • 1954年 福島県喜多方市生まれ
  • 1980年 東京芸術大学大学院美術研究科版画専攻修了
  • 1981年〜86年 東京芸術大学版画研究室助手/美術教育研究室助手
  • 1991年〜現在 日本美術家連盟会員
  • <主な展覧会>
  • 1984年 西武美術館版画大賞展・日版商買い上げ賞
  • 1985年 和歌山県立美術館 「第1回和歌山版画ビエンナーレ」
  • 1986年 練馬区立美術館 「現代版画の表現と技法展」
  • 1986年 「第9回ブラッドフォード国際版画ビエンナーレ」(イギリス)
  • 1987年 渋谷区立松濤美術館 「現代の版画」
  • 1987年 福島県立美術館 「現代東北美術の状況展・U」
  • 1989年 福岡市美術館 「第3回アジア美術展」 版画ワークショップ
  • 1991年 「第19回リュブリアナ国際版画ビエンナーレ」(ユーゴスラビア)
  • 1992年 練馬区立美術館 「木版画−明治末〜現代−」
  • 1995年 宮城県・石巻文化センター 「現代の木版画」
  • 1996年 福島県立美術館 「福島の新世代」
  • 1999年 山梨県立美術館 「ぶどうの国 国際版画ビエンナーレ」
  • 2001年 出身地の喜多方市美術館にて 「山中現木版画展」
  • 2002年 「木版画の美術展」(エジンバラ)、「日本の木版画展」(ベルファスト)
  • 2002年 「日本の現代版画展」(イスラエル) 各地でグループ展参加
  • 他  個展、グループ展多数
  • <作品収蔵>
  • 東京芸術大学資料館、大英博物館、大阪府立現代美術センター、福岡市美術館、クリーブランド美術館など
  • ▲ページのトップへ