有馬朝野インスタレーション展 2008.1.29〜2.3

- 春待灯 - 

有馬朝野作品1

大寒の折り、一年で最も厳しい大気を通して差し込む陽の光は、日に日に輝きを増します。
まるで寒さに耐え、芽吹きを待つ様々な期待が膨らんでいくかのように。
“来る刻(とき)”を待つ、そんな想いで・・・
(有馬 朝野)

生成りの色を基調に、空や草木や芽吹きの色合いをつけた灯りのブロック。
透けるような絹布を被せた立方体のブロックを描くように配置していく灯りのオブジェ。
春の到来を待つように、灯りで春を描きます。
布・木・ワイヤーなどを素材にした灯りのブロック70個ほどで、ギャラリーをインスタレーション(空間演出)します。

有馬朝野写真1 有馬朝野写真2 有馬朝野写真3 有馬朝野写真4

○○○○

有馬朝野(ありまあさの)プロフィール
  • 1996年 Easy Pop Art Show 参加(福井県今立町休耕田)
  • 1996年 むしめがね展参加/Gallarey 創(東京・吉祥寺)
  • 1997年 武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科プラスティック工芸課卒業
  • 1999年 ソノサキノホウコウ展(インスタレーション)/グリーティングスクエアー(東京・渋谷)
  • 2004年 michi(インスタレーション)/DAILIES gallery(東京・三鷹)
  • 2005年 漂う街、見上げる(インスタレーション)/PoRto LibRE(東京・新宿)

▲ページのトップへ