寺井浩一 展 2007.12.4〜12.15

 

寺井浩一作品1

制作する上でのテーマは“気”。
「一般的に“気”は不可視であり、流動的で運動し作用をおこす。しかし“気”は凝固して可視的な物質となり、万物を構成する要素ともなる」といわれる。
とはいえ、可視的な姿や形はだれの目にも映っていない。
これまで“気”を表現するためにさまざまな方法を試みたが、その中で辿り着いたのが「墨」である。
「墨の黒」の色としての奥深い魅力に惹かれ、10年ほど前から新たな表現の一つとして、作品を制作する画材の中に加えた。
今回の個展では、この「墨」による“気”の表現と、自然界の事象をミクストメディアで制作した作品約15点を発表します。
(寺井 浩一)

寺井浩一写真1 寺井浩一写真2 寺井浩一写真3 寺井浩一写真4

○○○○

寺井浩一(てらいこういち)プロフィール
  • 1952年 北海道生まれ
  • 1976年 東京芸術大学油画科卒業
  • <個展>
  • 1976年〜2007年 21回
  • <公募展、グループ展>
  • 1987年 東京芸術大学創立100周年記念展
  • 1995年 上野の森美術館大賞展、国際美術大賞展
  • 1997年 伊豆美術祭絵画展
  • 1998年 青木繁記念大賞展/li>
  • 2006、07年 未来抽象芸術展
  • <海外展>
  • 2002年 2nd Contemporary Artists Exhibition from Japan(バングラデッシュ)
  • 2004、05年 Asian Art Now(ラスベガス美術館)
  • 2005、06、07年 Artexpo New York(ニューヨーク)
  • 2006年 Shanghai Art Fair(中国、上海)
  • 2006年 LineArt 2006 International Art Fair Gent Belgium(ベルギー、ゲント)
  • 2007年 MiArt 2007 International Modern and Contemporary Art Fair Milan(イタリア、ミラノ)
  • 2007年 "Mono no Aware" a group show by 7 Japanese Contemporary artists(ニューヨーク)
  • <作家ホームページ> http://www.k-terai.net/

▲ページのトップへ