井上雅之 展 2007.7.4〜7.14

『光のかたち』

井上雅之写真1

1985年より約10年の間、雁皮紙による抽象表現(平面)を模索し続け、2004年から“See through(透過考)シリーズ”が始まった。
作家の内にある感情や振動のようなものが、体を通過していく光によって透視される。光や大気のもつ緊張感を強く感じさせる作品だ。
光が風景や物体を照らし、その形を浮き上がらせることによって生まれる幽玄な世界、さらにそれとは相反すると思われるリアリティー。これら二つを同一画面上で表現していくことを追及している。

パネルにアクリル、雁皮紙、コラージュ。
大作(100cm×170cm)を中心に小品もあわせて約15点の展示です。

井上雅之写真2 井上雅之写真3 井上雅之写真4 井上雅之写真5

○○○○

井上雅之(いのうえまさゆき)プロフィール
  • 1951年 福井県敦賀市生まれ(町田市在住)
  • 1978年 多摩美術大学絵画科油画専攻卒業
  • 1980年 アートスチューデントリーグ(A.S.L)に学ぶ(ニューヨーク)
  • <個展・グループ展等>
  • 1968年 『福井県総合美術展』 福井放送賞受賞(福井)
  • 1978年 『第33回行動美術展』 東京都美術館(上野・東京)
  • 1981年 『13人展』 インターナショナルアートコンタクトギャラリー(ニューヨーク)
  • 1981年 個展 福井県立美術館展示室(福井)
  • 1985年 個展 ギャラリー葉(青山・東京)
  • 1998年 『ドイツ・オランダ・ベルギー美術賞展』 銀賞受賞(ベルギー)
  • 1998年 個展 ギャラリークリヨン(青山・東京)
  • 1999年 『Japan Now Art '99 in Wien』(オーストリア)
  • 1999年 『現代美術俊英展』 ジ・アースミュージアム(町田・東京)
  • 2000年 個展 ギャラリー銀座汲美(銀座・東京)、23ギャラリー(国分寺・東京)
  • 2001年 個展 ギャラリーHIRAWATA(藤沢・神奈川)
  • 2002年 個展 庭園ギャラリー櫻守(さいたま)、紙司柿本(京都)
  • 2003年 『新世紀の顔・貌・KAO−30人の自画像−展』(新宿・金沢・高知・名古屋・北海道・平塚・銀座 画廊巡回展)
  • 2004年 個展 ギャラリーテムズ(小金井・東京)
  • 2004年 『CONTEMPORARY ART−和風空間−』 井上画廊(銀座・東京)
  • 2005年 個展 ギャラリーHIRAWATA(藤沢・神奈川)
  • 2007年 『Korea International Art Fair』 (ソウル)
  • <作品収蔵>
  • モード美術館(八ッセルト・ベルギー)、ハウス・ヴィトゲンシュタイン(ウィーン)

▲ページのトップへ